counselor

カウンセラー紹介

千葉 みきこ

 1男2女の母親。3姉妹で育ったため、男の子の気持ちが全く理解できず長男が小学生時代に日々イライラ、苦悩の連続。「子どもを変える」ことばかり考え、苦しい育児を経験する。 そんなときに、ある本の一節「自分を認め、自分が変われば周りが変わる!」の言葉に感銘を受ける。苦しい子育てから脱却するため、「自分を認めること」「自分が変わること」の実践を開始。 次第に、長男に対して抱き続けた「この子を良い子に変えないと!」という思いがなくなり、育児が劇的に変化していくことを実感。「イライラは栄養不足から」との言葉にも出会い、体を作る食生活にも興味を持つ。「考え方」プラスα「体づくりの栄養」を取り入れ、現在では「最高に楽しい育児!」と声を大にして言えるまでに。  子ども達がいじめに直面したときにも全力で対応してきた。少年野球のコーチを努めた経験もあり、自身の経験とスキルを生かして「子育て」「不登校」「人間関係」「人生設計」等のカウンセリングをしている。

  メッセージ
 私は悩んだ時、誰にも相談できずに苦しい思を幾度もしてきました。私の様に、苦しい思いをして欲しくないと言う思いからカウンセラーになりました。最初に連絡するのは勇気がいると思いますが、安心して気軽にご連絡して下さい。 

  所持資格
キャリアコンサルタント
自己承認力コンサルタント講師
チャイルドカウンセラー
メンタルアドバイザー
疲労回復インストラクター
腸育コンシェルジュ
マインドフルネススペシャシリスト
心理カウンセラー認定講師
家庭療法カウンセラー

豊田 毅

 滝野川高等学院代表 1985年生 山口県宇部市出身 高校野球指導者、教員として活動。 日本キャリア教育学会認定キャリアカウンセラー。  大学院時代に非常勤講師として教壇に立ち、翌2011年からは私立の通信制高校の教諭となる。 2012年には25歳にして異例となる進路指導主事に抜擢され、本格的にキャリア教育の道を進み始める。 通信制高校の3年生の進路決定率は全国平均で40%程度だが、豊田は3年連続で100%を達成し注目を集める。 また、大学進学率においても、通信制高校の全国平均が18%のところを、40%台の高実績まで上げた。 この間、学校の生徒数も3倍(全校生徒300名)となった。 しかし、生徒数が増えるたびに不登校経験者や発達障害の生徒に対する教育がシステム的になり、 個々の生徒に対して、深く関われなくなっていくことに疑問を感じた豊田は、 江戸時代の私塾のような、1人の中心になる教員のもとに様々な個性を持った生徒が集まり、生徒と教員、生徒と生徒という、 人のつながりによってお互いを高めあう教育方法が理想であると考え、サポート校の設立に踏み切った。 近年では、日本教育学会、日本キャリア教育学会などに所属し、学会発表をおこなう一方、 大学やNPOなどで講演をおこなうなど、研究者としても、表現者としても活動の幅を広げている。

  所持資格
日本キャリア教育学会 認定 キャリア・カウンセラー
進路アドバイザー検定
高等学校教諭1種免許状(公民)
高等学校教諭専修免許状(地歴)
中学校教諭専修免許状(社会)

中塚 豊

自身の中学時代に重い不登校を経験したが、三重県の高校で現・滝野川高等学院代表の豊田と出会いカウンセリングを受けるなかで、自らの夢を持ち勉強に励むようになる。
大学、大学院と進み、現在では教員、カウンセラーとして滝野川高等学院の生徒を励ます立場となっている、

  取得資格
家族支援カウンセラー
高等学校教諭一種免許状(地歴)
中学校教諭一種免許状(社会)