Welcome

開校にあたって

通信制高校、サポート校の数が格段に増えました。

適応指導教室、フリースクール、放課後デイサービス…これまで行き場のなかった子どもたちは今、望めば様々な教育サービスを受けられるようになっています。

それなのに不登校児童は過去最高となる14万人を突破し、一向に減る様子がないのは何故でしょうか?

 

それは、勇気を振り絞って外へ飛び出してまでやりたいことがない。

あるいは自分がやりたいことを探そうとしても、探しかたすら分からないという子どもたちの、

社会に対する無言の意思表示なのかも知れません。

やることが分からないまま、頑張るというのは本当に難しいことです。

 

今の世の中には夢を持つことが素晴らしいとされる風潮がある一方で、夢を追うことを止めようとする風潮があり、

個性を求める一方で、集団の中で我慢することのほうが重視される。

大人ですら感じているそんな社会の「生きづらさ」を、

感受性豊かな子どもが感じないわけはありません。

 

滝野川高等学院では、

決まった学習のカタチを設けません。

個々にあった学びのスタイルを生徒自身が探求し、修得していく道のりに、

とことん付き合っていきます。

やりたいことが見つからないなら、見つかるまで探せばいいし、

卒業後も探し続ければいい。

私たちも一緒に探します。

そして、見つかったときには、

そこに近付くために、何をすればよいかを、一緒に考え、

求めるべき場所に向かって、共に進んでいきましょう。

全力で悩んで、

全力で楽しんで、

全力で前に進む。

滝野川高等学院は、生徒一人ひとりが多様な、

「夢」や「個性」を持ち、探求していくことを全力で支援できる、

唯一無二の学校を目指します。

 

滝野川高等学院 代表

豊田 毅