Welcome

教員紹介

豊田 毅
代表

滝野川高等学院代表

1985年生 山口県宇部市出身

高校野球指導者、教員として活動。

日本キャリア教育学会認定キャリアカウンセラー。 

大学院時代に非常勤講師として教壇に立ち、翌2011年からは私立の通信制高校の教諭となる。

2012年には25歳にして異例となる進路指導主事に抜擢され、本格的にキャリア教育の道を進み始める。

通信制高校の3年生の進路決定率は全国平均で40%程度だが、豊田は3年連続で100%を達成し注目を集める。

また、大学進学率においても、通信制高校の全国平均が18%のところを、40%台の高実績まで上げた。

この間、学校の生徒数も3倍(全校生徒300名)となった。

しかし、生徒数が増えるたびに不登校経験者や発達障害の生徒に対する教育がシステム的になり、

個々の生徒に対して、深く関われなくなっていくことに疑問を感じた豊田は、

江戸時代の私塾のような、1人の中心になる教員のもとに様々な個性を持った生徒が集まり、生徒と教員、生徒と生徒という、

人のつながりによってお互いを高めあう教育方法が理想であると考え、サポート校の設立に踏み切った。

近年では、日本教育学会、日本キャリア教育学会などに所属し、学会発表をおこなう一方、

大学やNPOなどで講演をおこなうなど、研究者としても、表現者としても活動の幅を広げている。

プロフィール詳細はこちら



中塚 豊
学院長

滝野川高等学院 学院長

1997年生 三重県松阪市出身

英心高校に入学し、3年間豊田の担任するクラスで学び、初代生徒会長を務めた。

高校卒業と同時に龍谷大学に進学、国内最大の弁論大会である土光杯では優勝は逃したものの、見事、本戦のファイナリストの1人となった。

現在は大正大学大学院で宗教学を研究しつつ、教育者としての経験を積み重ねている。

今年は、宗教学年報に書評が掲載されるなど、研究者としての第一歩を踏み出すと共に、

家族支援カウンセラーを取得し、専門分野をさらに広げるなど飛躍を続けている。

教員としては、師である豊田と同じ地歴公民(主に日本史B)を担当する。



戸口 瑛介
国語講師・チューター

滝野川高等学院 チューター

1999年生 大阪府吹田市出身

三重県における豊田の最後の教え子。英心高校時代には野球部に所属、

あの「0-91」の試合にも外野のスタメン選手として出場した。

現在は東洋大学文学部に在学中で、日本文学を専攻、学科で毎年一人だけが選ばれる、

「東洋大学1種奨学金(学業成績優秀者奨学金)」を得るなど、学業面で実績を上げている。

また、滝野川高等学院のほかに週に1度、都内の小学校において教育アシスタントとして勤務するなど、

大学生にして、教育実績も豊富である。

滝野川ではチューター兼国語科講師として、生徒の学習習慣や文章力、読解力など、大切な基礎の部分を育てる。



小松 優斗
野球ライフコーススタッフ

滝野川高等学院 野球ライフコース スタッフ

2000年生 千葉県柏市出身

クラーク国際高校柏校から立正大学に進学。

来春からは公認心理師を目指して、心理系の大学に編入予定。

自身が高校の転校などの困難を乗り越えてきた経験を踏まえ、生徒に野球だけでなく、

選手としての、人としての在り方を伝える。

滝野川高等学院においてはムードメーカー的な存在で、滝野川高等学院ブルーウイングスでは、

4番キャッチャーに座り、チームを引っ張っている。

教員としては、英語の指導が専門で、コンピューター関連にも精通している。



坂元 昭二
特別顧問・音楽講師

滝野川高等学院 特別顧問・音楽講師

さだまさし、りりィ、ふきのとう、TOSHI(XJAPAN)、安倍なつみ等、数々のミュージシャンのツアーやレコーディングに参加。

中でも1979~1996年の17年間はさだまさしのバックバンド「亀山社中」のギタリストとして活躍した。

テレビドラマ「北の国から」のテーマ曲、挿入曲のギター演奏はあまりにも有名。

現在は全国各地でソロ・ライブを精力的に行う。

風景の見えるような美しいメロディーラインと繊細な演奏で、「ギターの風景画家」と称されている。 

滝野川高等学院では、音楽の特別講師として、ギターを学びたい生徒のために個人指導を担当する。



田中 正之
トレーナー

滝野川高等学院トレーナー(ストレングス・コンディショニング)

信州大学大学院修了(教育学修士)

元教員で、日本スポーツ振興センター、税務会計事務所にも勤務する。

上田西高校やJR東日本東北などでトレーナーとして実績を上げている。

特にストレッチポールを用いたコンディショニングには定評があり、

「ポールの魔術師」の愛称で広く知られる存在である。

滝野川高等学院では、毎週水曜日に野球ライフコースの生徒のコンディショニングを担当すると共に、

夕方からは、教室を使ってトレーナーの育成事業や、一般向けのエクササイズの講座などを開講する。



山田 貴文
トレーナー

滝野川高等学院トレーナー(ストレングス・コンディショニング)

東京消防庁上級救命技能認定資格の保持者で、

心肺蘇生資格者団体の設立に尽力している。

盟友・田中正之と共に、上田西高校硬式野球部やJR東日本東北などでコンディショニングをおこなうなど、

「現場主義」の哲学を貫く、トレーナーとして豊富な実績と確かな技術を持っている。

また、マラソン大会でのウオーミングアップ、デモンストレーションインストラクターとしても活躍している。

ちなみに代表の豊田は山田トレーナーの施術を受けた翌々日に野球の試合に出場し、特大のホームランを放ち、

施術の確かさを身を持って体験している。



足名 笙花
関西地区広報・アンバサダー

滝野川高等学院 関西地区広報・アンバサダー

1999年生 三重県伊勢市出身

英心高校で3年間豊田の進路指導を受ける。高校在学中は、生徒会長に選出されるなど不登校から完全に立ち直った。

豊田が創設した硬式野球部では、初代マネージャとしてチームを支えるかたわら、女子選手として選手と同じ練習量をこなした。

猛勉強の末、京都女子大学文学部史学科に合格、進学後はソフトボール部に入部、レギュラー選手として公式戦でも活躍、勉強面でも成績優秀者賞として、

大学から奨学金を給付されている。

滝野川高等学院には月に1度のペースで出勤し、貴重な女性職員として生徒にアドバイスを送るほか、学校説明会などで不登校から立ち直った貴重な体験を生徒や保護者に伝えるアンバサダーを務める。

 



倉田 安徳
野球部監督(静岡県に派遣中)

1976年生 東京都出身

滝野川高等学院野球部 初代監督。

古豪・青山高校(旧日生第二)の野球部長として2016年の選手権予選では、豊田率いる英心高校を「31-0」で下した。

その後は活動拠点を再び東京に移し、「楽しさのこころ研究所」の所長として、「伸び悩む子どもの能力開放 倉田メソッド」を考案。

日本の未来の活性化を目指して幅広い活躍を続けている。

※現在は静岡県に派遣中で滝野川には不在です。