Welcome

教員紹介

豊田 毅
代表

滝野川高等学院代表

1985年生 山口県宇部市出身

高校野球指導者、教員として活動。

日本キャリア教育学会認定キャリアカウンセラー。 

大学院時代に非常勤講師として教壇に立ち、翌2011年からは私立の通信制高校の教諭となる。

2012年には25歳にして異例となる進路指導主事に抜擢され、本格的にキャリア教育の道を進み始める。

通信制高校の3年生の進路決定率は全国平均で40%程度だが、豊田は3年連続で100%を達成し注目を集める。

また、大学進学率においても、通信制高校の全国平均が18%のところを、40%台の高実績まで上げた。

この間、学校の生徒数も3倍(全校生徒300名)となった。

しかし、生徒数が増えるたびに不登校経験者や発達障害の生徒に対する教育がシステム的になり、

個々の生徒に対して、深く関われなくなっていくことに疑問を感じた豊田は、

江戸時代の私塾のような、1人の中心になる教員のもとに様々な個性を持った生徒が集まり、生徒と教員、生徒と生徒という、

人のつながりによってお互いを高めあう教育方法が理想であると考え、サポート校の設立に踏み切った。

近年では、日本教育学会、日本キャリア教育学会などに所属し、学会発表をおこなう一方、

大学やNPOなどで講演をおこなうなど、研究者としても、表現者としても活動の幅を広げている。

プロフィール詳細はこちら



倉田 安徳
野球部監督

1976年生 東京都出身

滝野川高等学院野球部 初代監督。

古豪・青山高校(旧日生第二)の野球部長として2016年の選手権予選では、豊田率いる英心高校を「31-0」で下した。

その後は活動拠点を再び東京に移し、「楽しさのこころ研究所」の所長として、「伸び悩む子どもの能力開放 倉田メソッド」を考案。

日本の未来の活性化を目指して幅広い活躍を続けている。



中塚 豊
学院長

滝野川高等学院 学院長

1997年生 三重県松阪市出身

英心高校に入学し、3年間豊田の担任するクラスで学び、初代生徒会長を務めた。

高校卒業と同時に龍谷大学に進学、国内最大の弁論大会である土光杯では優勝は逃したものの、見事、本戦のファイナリストの1人となった。

現在は大正大学大学院で宗教学を研究しつつ、教育者としての経験を積み重ねている。



戸口 瑛介
チューター

滝野川高等学院 チューター

1999年生 大阪府吹田市出身

三重県における豊田の最後の教え子。英心高校時代には野球部に所属、

あの「0-91」の試合にも外野のスタメン選手として出場した。

現在は東洋大学文学部に在学中で、日本文学を専攻。

チューター兼国語科講師として、生徒の学習習慣や文章力、読解力など、大切な基礎の部分を育てる。