2年制公立大の選択肢

query_builder 2022/01/11
ブログ
rin2

 いよいよ滝野川高等学院の生徒も受験シーズン大詰め。そんな中、臨時スタッフAは、自身の大学受験期を思い出す。  


 私は、どうしても公立大の地域系の学部に行きたくて受験を試みたが、結果は惨敗。関西の某中堅私立1校しか受からなかった。しかしながらそこを何とか救ってくれたのは公立短大だった。  


 もちろん関西私大も魅力的だったが、何より地域コミュニティについて専門的に学ぶことが可能で、学費が半期8万円(※現在は値上げ推移)という超破格の料金設定に心が踊った。  


 入学後はとんでもない田舎に飛ばされたが、その中でも目的の勉強や研究は思う通りに指導、実行することが出来、最高の仲間とも出会え、その後編入学も経験できた。  


 都内の高校出身の生徒は知る限り、私含め学年に200人中3人しかいなかった。知らない世界へ単身飛び込むことは容易なことでは無かったが、それ以上のリターンが返ってきたあの2年間を一生忘れることは無いだろう。  


 公立大ながら併願受験も可能のため候補のひとつにオススメします。※主な2年制公立大学→市立大月短大、市立三重短大、大分芸短など…。


                       文 臨時スタッフA

NEW

  • 北区教育委員会主催の進路説明会に参加してきました‼

    query_builder 2022/09/26
  • 夏休みがあけて

    query_builder 2022/09/20
  • フリースクールと学習塾が共存する時間

    query_builder 2022/09/05
  • 滝野川が検定勉強に力を入れる理由。

    query_builder 2022/08/31
  • この4月~7月までのフリースクールの様子°˖✧

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE